Cocoonでリンクにnofllow設定するやり方(外部リンク、内部リンク、個別リンク)

Cocoon

どうも、こんにちは!

この記事では「Cocoonで外部リンク、内部リンクのnofllow設定するやり方」を紹介したいと思います。

nofllow(属性)とは、リンクに付けられる属性でクローラーをリンク先にたどらせないように制御することができます。

そしてリンクをnofollowするとSEO上の評価を無効にすることができます。

nofollowについては、他の記事でも紹介しています。

外部リンクに入れる「rel=”nofollow”」意味や使い方をさらっと紹介します!
どうも、こんにちは! 何気なくブログを書いていて、リンクを作成することってたくさんありますよね このリンクですが、特定の場合に「rel=”nofollow”」という属性を記述した方が良い場合があるそうです! nofollo...

 

ではでは、Cocoonでnofollow設定するやり方を紹介します。

Cocoonで外部リンク、内部リンクのnofollow設定するやり方

WordPressにログインしてダッシュボードを開きます。

Cocoon 設定を選択します。

 

[本文]タブを選択します。

 

外部リンク設定を確認します。

 

フォロータイプの設定を変更します。

「nofollow」に設定したい場合は、「フォローしない(nofollow)」を選択します。

 

内部リンク設定の方も同じ設定があるので、任意に設定を変更します。

 

内部リンク設定を確認します。

 

フォロータイプの設定を変更します。

「nofollow」に設定したい場合は「フォローしない(nofollow)」を選択します。

※私の場合は、内部リンク設定のフォロータイプは変更しませんでした。

 

設定ができたら[変更をまとめて保存]を選択します。

 

設定が保存されます。

これで外部リンクと内部リンクのフォロータイプの設定が完了します。

この設定は「nofollow(属性)」の一括設定になるので、個別に設定したい場合は、次のやり方を試してください。

リンクごとに個別でnofollow設定したい場合は?

リンクごとに個別設定したい場合は、対象のリンクを直接変更します。

投稿ページの編集画面でテキストエディタを表示させます。

 

こんな感じで、対象のリンクのソースに「rel=”nofollow”」を追加してあげます。

これでリンクごとにnofollow設定してあげることができます。

 

Chromeの拡張機能「NoFollow」が便利だよ!

「nofollow(属性)」になっているリンクを確認するには、Chromeの拡張機能「NoFollow」を使って確認するのが簡単です。

 

Chrome ウェブストアから「NoFollow」と検索して、「Chromeに追加」を選択すればすぐに使えるようになります。

 

この「Nofollow」をChromeに導入していると、nofollowになっているリンクが赤の四角で囲まれて表示されます。

視覚的に一目で分かるようになるのでとても便利です。

こんな感じで「nofollow」リンクを確認することができます。

また元に戻したい場合は「NoFollow」のアイコンをクリックして、「Disable for this website」にチェックを入れれば、すぐに通常の表示に戻すことができます。

こんな感じで元通りに表示されます!

nofollow(属性)の確認は毎回するわけではないので、普段はチェックを入れておく方が良いと思います。

Cocoonでnofollow設定できたか確認する

Cocoonの設定で、先ほど外部リンクを「nofollow」に設定しました。

内部リンクのフォロータイプの設定は、特に変更していません。

それではChromeの拡張機能「NoFollow」を使って、今までに作成した記事のリンクが一括で、nofollow(属性)になっているか確認してみます!

おお!赤い四角でちゃんと囲まれているので外部リンクがnofollow(属性)になっているようです。

 

こちらは内部リンクです。

内部リンクの方は、フォロータイプの設定を変更していないので、通常どおり表示されているので問題ありません!

まとめ

今回はWordPressのテーマ「Cocoon」で、リンクにnofollow設定するやり方を紹介しました!

Cocoonは、リンクに一括してnofollowするやり方があったので、とても簡単に設定することができました。

nofollowの設定は、サイトの評価に影響がある部分なので、リンクを作成するときは、リンクのフォロータイプを少し考えて作成すると良いでしょう!

コメント