アドセンスとアナリティクスのPV数、収益額の公開は規約違反になるのか考察する!

ブログ

どうも、こんにちは!

今回は、GoogleアドセンスやGoogleアナリティクスのPV数や収益額などの実績データを公開しても良いのか悪いのかについて考察してみたいと思います!

ブログで収入を作りたいと思っている人には、この辺の内容は気になる話なのではないでしょうか?

私もブログ運営の実績としてデータの公開に興味があるのですが、規約に触れてしまうのであれば問題です。

収益公開はOK!PV公開はNG!公表していたらアカウント停止された、アカBAN!乙w

みたいな噂もたくさんありますが自分なりに調べてみたいと思います!

調べ方としては、次の2つの情報を参考にしたいと思います。

・アドセンスとアナリティクスの利用規約からの情報

・アカウントの警告・停止・無効になった方の情報

利用規約による見解は?

Googleアドセンス 利用規約

まずはアドセンスの規約を確認してみたいと思います。

AdSense オンライン利用規約

11.秘密保持
お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおける非公開のベータ版機能または体験版機能の存在、それに関する情報、またはその規約ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

引用:AdSense オンライン利用規約

規約の「11.秘密保持」の部分にPV数や収益額の開示について情報が載っています。

関係がありそうな部分をピックアップしてみます・・・

 

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、

この部分からGoogleの機密情報は書面による承諾をもらわないと開示してはいけない。そしてPV数は、Googleの機密情報に該当すると考えられます。

 

本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

この部分から収益額の公開は「支払い総額」であれば正確に開示することができると書いてあります。

ということで、Googleアドセンスの利用規約におけるPV数の公開と収益額の公開は次のように考えられます!

Googleアドセンス 利用規約

PV数の公開 → NG

支払い総額の開示 → OK

 

Googleアナリティクス 利用規約

次にGoogleアナリティクスの規約についても確認してみたいと思います。

Google アナリティクス利用規約

1. 定義

(中略)

「秘密情報」とは、専有のデータおよびその他の情報であって、一方の当事者が相手方に対して秘密であることを表示した文書で開示し、または口頭で開示してから 5 営業日以内に秘密であることを表示した文書になったものなどを指します。ただし、公知の情報もしくは公知となった情報、当事者による開示前から受領当事者が所有していた情報、または受領当事者が秘密情報を使用することなく独自に開発した情報は、秘密情報に含まれません。

(中略)

5. 秘密保持

いずれの当事者も、事前に相手方当事者の書面による承諾を得ずに相手方の秘密情報を使用または開示しないこととします。ただし、本契約に基づく義務を履行するためである場合、または法律、規制もしくは裁判所命令により開示を要求された場合はこの限りではなく、その場合において、秘密情報の開示を強いられた当事者は、秘密情報の開示前に、合理的に可能な限り予告期間をおいて相手方当事者に通知することとします。

引用:Google アナリティクス利用規約

「秘密情報」とは、専有のデータおよびその他の情報であって、一方の当事者が相手方に対して秘密であることを表示した文書で開示し(後略)
事前に相手方当事者の書面による承諾を得ずに相手方の秘密情報を使用または開示しないこととします。

Googleアナリティクスの規約でもPV数などの統計情報は、秘密情報に含まれる情報だと考えられます。そして秘密情報の開示は、承諾を得ないとしてはいけないと書かれています。

よって、Googleアナリティクスの規約ではPV数の公開はしてはいけないと考えられます。

Googleアナリティクス 利用規約

PV数の公開 → NG

 

アドセンスとアナリティクスの利用規約による判定

この2つの規約からPV数と収益額などの実績データの公開についてまとめます。

利用規約による判定

PV数の公開 → NG(許可を得ればOK)

収益額の公開 → OK(支払い総額ならOK)

少し気になる部分は、Googleアナリティクスによる秘密情報がGoogleアドセンスの支払総額の情報も含む場合です。このように考えた場合は、収益額の公開もNGなのかもしれない。

アカウント停止のリスクを避けたいのであれば、PV数も収益額も公開しないのが一番安全であることは間違いありません。

心配な方は公開しないことをおすすめします。

実際にアカウントの警告・停止・無効になった人の見解は?

実際に警告を受けたことがある人やアカウントの停止・無効になってしまった人の情報は、かなり有力な情報だと考えられます。

ということで、検索して上位表示されたサイトの情報をまとめてみたいと思います。

分かりやすく処分内容ごとにグループでまとめてみます。

処分内容

・アカウントの無効
・アカウントの停止
・警告通知
そして次の表のように、情報をまとめていきたいと思います。
記事公開日
処分内容
原因
対策
アカウントが復活できたのか?
サイト名
記事タイトル(URL)

 

アカウント無効についての情報は、Googleのヘルプにも載っています。

ちょっと参考にのせておきます。

無効なトラフィックによって AdSense アカウントが無効になった場合の対処法 – AdSense ヘルプ 

 

アカウント無効のパターン

原因

・不正クリック検知
・無効な操作

 

 

2016年12月23日
アカウントの無効
不正クリック検知
→申し立て
復活NG
意識低い系仮想通貨
Googleアドセンス停止からアカウント無効になった全貌とやるべきだった対策を教えます

 

2015年8月31日
アカウントの無効
無効な操作
→申し立て
→代替広告
復活NG
いつも隣にITのお仕事
Google AdSenseのアカウントをBANされて学んだ2つのこと

 

アカウント停止のパターン

原因

・自己クリック
・不正クリック検知
・PV数の公開
2018年10月16日
アカウントの停止(30日間)
自己クリック
→停止期間待機(30日間)
復活?
ブログカレッジ
googleアドセンスが30日間停止になった理由と対処法

 

2018年6月6日
アカウントの停止(30日間)
不正クリック検知(アドセンス狩り?)
→サイトの承認
→停止期間待機(30日間)
復活OK
ひかるぶろぐ
アドセンスが停止された衝撃!いたずら「アドセンス狩り」か?

 

2017年12月6日
アカウントの停止(30日間)
自己クリック
→Google サイト運営者向けツールバー
→停止期間待機(30日間)
復活OK
ぽこみち日和
【悲報】Google Adsenseのアカウントが停止された件

 

2017年10月20日
アカウントの停止(30日間)
不正クリック検知
→申し立て
復活OK
GoogleAdSenseアカウントの非承認・停止から復活・再開レポ
アドセンス停止→申し立て→復活のすべてを語ります

 

2016年4月6日
広告配信の停止
PV数の公開
→ポイントサイト広告削除
→PV数の公開を削除
復活OK
ケータイ乞食から陸マイラーへ
Google AdSenseの停止と復活の体験談:アカウントは有効の場合

 

警告通知のパターン

原因

・広告配置の違反
2016年12月1日
警告通知
広告配置の違反
→広告サイズ変更
→修正報告
復活OK
主婦がブロガーになるために(・ω<)
Googleアドセンスから警告メールがきた!広告修正&対処法

 

2016年9月23日
警告通知
広告配置の違反
→広告表示の修正
→修正報告
復活OK
ノンストレス渡辺の研究日誌
Googleアドセンスから警告で背筋が凍った話:規約違反・広告停止の対策

 

先人の方々の経験からまとめると次のことやってはいけないし気をつけないといけません。

そして、アカウント無効の連絡がくるとほとんど復活できないということが分かりました。

とても怖いので気を付けるしかありません!

各サイトの実績による判定

・PV数の公開(NG)

・自己クリック (NG)

・不正クリック(NG)

・広告の配置違反(NG)

 

不正クリックは、自分以外の人が意図的にクリックするような場合です。

これは対策のしようがありませんが、問題が発生した時にアクセスデータからGoogleに報告して、自分の無実を証明できるようにするしかないようです。

 

まとめ

それでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクスを使っている時にPV数や収益額の公開をしても良いのか悪いのか自分なりに結論を出したいと思います。

私の判定

PV数の公開 → NG(許可を得ればOK)

収益額の公開 → OK(支払い総額ならOK)

 

最終的に私の結論は利用規約と同じ考えとなりました。

Googleアドセンスの収入はとても大事な収入源の一つなので、無駄なリスクをとりたくなければPV数や収益額の公開をしないのが一番安全です!

私はPV数の公開は、今回の規約の件もあるのでブログのレベルを表すような形で紹介していければ良いなと思います。

例えば、「集落」「村」「町」「市」「都市」「大都市」のような感じですかね!

他には、★を使って表すかなー?

他の人からするとかなりつまらないけど、自分の活動記録としてはこれで納得するしかないのかな!?(^^;)

あとプロフィールなんかで運営サイトを全て合計して「月間〇〇PVブロガーです」と紹介する人もいるけど、あれくらいなら問題ないのかなと個人的な意見です。

収益額の公開についても、アドセンスとして分けずにブログに関する収入を合計していくらだったのかという形で記録するのが良いかもしれない。

とりあえず規約に問題ない形で前に進みたいと思います。

ちょっとまとまりないけど、今回の調査はこれで終わりにします。

コメント